岐阜市の日本酒とワインの専門店「酒のマツヤマ」公式サイト

  • 全国どこでも発送します!お気軽にお電話ください
  • 電話番号:052-451-0099

店長ブログ

トップ > 店長ブログ > 日本酒とワインの違いとは?

日本酒とワインの違いとは?

2020/05/28

こんばんは!

 

岐阜市で地酒、ワインの専門店

をしています酒のマツヤマで

外部秘書サポートしてます

リョウコです。

 

 

お酒の事をもっと知ってほしいのと

私自身も知っていきたいので、

 

 

日本酒やワインを中心に

超初心者の方でも「へぇ~」っと

思ってもらえるものを

綴っていきたいと思います。

 

 

初回は、日本酒とワインの違いについてです。

 

シンプルにお店の名前にもなってる

「地酒・ワイン専門店」からの話題にしてみました!

 

同じアルコールでも

製法が違ってたり、意外と製法が同じだったり

ちょっと知識を持って飲むと

味わいもかわってきますよね。

 

 

日本酒もワインも醸造酒

アルコール発酵させるためには糖分が必要なんです。

 

当分を含んでいないお米は、

麹を入れ、麹の酵素でデンプンを糖分に変え

酵母の力でアルコール発酵していきます。

 

日本酒発酵

日本酒は二つの化学反応を同じタンクの中で行うので

高度な醸造方法であり、高アルコールの醸造酒ができます。

 

 

ワインは、葡萄自体に糖分があるので

酵母を加えるだけでアルコール発酵します。

ワイン発酵

 

 

アルコール度数、飲み方の違い

【日本酒】

アルコール度:15度~16度

適温:5℃前後~60℃程度

器:陶器、ガラス、すず、竹、升など、

  最近ではワイングラスで飲むことも。

 

【ワイン】

アルコール度:10度~14度

適温:14℃~18℃

   ものによっては、常温の場合もあります。

器:ガラス

 

 

温度や器など、平均的なものを上げましたが、

それぞれの種類や気分によって器を変えたり

いろいろアレンジしていっても

楽しそうですね。

 

日本酒もワインも、原料の素材の魅力をたっぷり活かしてます。

 

 

緊急事態宣言があけても

まだまだ気を抜けない日々です。

 

ゆっくりとお家時間を楽しむひとつとして

お酒を嗜んでみても良いかもですね。