岐阜市の日本酒とワインの専門店「酒のマツヤマ」公式サイト

  • 全国どこでも発送します!お気軽にお電話ください
  • 電話番号:052-451-0099

店長ブログ

トップ > 店長ブログ > 【初心者編】お酒が出来る工程を書いてみました。

【初心者編】お酒が出来る工程を書いてみました。

2020/07/25

 おはようございます。

 

岐阜市で地酒、ワインの専門店

をしています酒のマツヤマで

外部秘書サポートしてます

リョウコです。

 

 

4連休真っ只中、

例年より梅雨明けが遅れていますね。

来週ごろに梅雨明けでしょうか?

 

 

日本酒ってたくさん種類があって

どれを選んだりしたらいいのか

分からなかったり

知らない事が多いと思うので

 

私も勉強しながら

日本酒のいろいろ発信できたらと思います。

 

日本酒の作られ方

お米からできているの事は

皆さん知っている事と思いますが

 

どんな過程を経て日本酒になっているのか

簡単な図を見ていきましょう。

 

プレゼンテーション 16

 

 

①精米

原料となるお米の不要な部分を削っていく。

この、不要な部分を削る割合が多ければ多いほど

高いお酒、日本酒らしい香りの強いお酒になる。

 

精米歩合によってお酒の特定名称が変わります。

 

純米酒    規定なし

本醸造酒   70%以下

特別本醸造酒 60%以下

特別純米酒  60%以下

吟醸酒    60%以下

大吟醸酒   50%以下

 

 

②洗米・浸漬

米の表面に残っている糖などを洗い流し

米の中心にまで水分を吸収させる。

 

 

③蒸す

麹菌の作用を受けやすくするために

米を大釜で蒸し上げる。

 

蒸しあがった米は、

適度の硬さと弾力のある手触りで、

手で引き伸ばすと餅状になる。

 

 

④製麹

蒸したお米に麹菌を繁殖させる。

美味しい酒造りのカギを握っている麹。

その出来具合で

そのお酒の出来が左右されると言われるほど

重要な麹づくり。

 

温度や湿度を調節する為に、

麹蓋を入れ換えたり、

麹カビの成長によって発生する炭酸ガスを除くために、

米を手でもむようにしてほぐしたりする手入れを行いう。

 

この間約2日間、蔵人たちは24時間態勢で、

真夜中でも2~3時間ごとに温度に注意して、

大事に大事に育てる。

 

 

 

⑤酒母づくり

たくさんの元気な酵母の数を増やすため

お酒の元となる酒母を作る。

 

 

⑥醪造り・仕込み

仕込みタンクに酒母入れ、

蒸米・麹・水を

「初添え」「中添え」「留添え」と

日をおって数回に分けて加え

アルコール発酵を行う。

 

 

⑦搾り

熟成した醪を圧縮し、酒と酒粕に分ける。

 

 

⑧貯蔵

滓引き・濾過・加水・火入れ

などの調整を行い、お酒を貯蔵する。

 

 

お酒が出来上がるまでに

いろんな工程を経て

酒屋さんの店頭に並ぶんですね。

 

 

この工程の過程が少し違うだけで

いろんな違いのお酒が出来あがるって

面白いですね。

 

そして、コレを調べてうっていますが、

搾りの工程で出来上がった原酒は

ものすごくおいしいとのこと!!

 

 

是非、一度飲んでみたいなと思いました。