岐阜市の日本酒とワインの専門店「酒のマツヤマ」公式サイト

  • 全国どこでも発送します!お気軽にお電話ください
  • 電話番号:052-451-0099

店長ブログ

トップ > 店長ブログ > 「ひやおろし」に関してのご提案

「ひやおろし」に関してのご提案

2013/09/21

毎度、ありがとうございます。 酒のマツヤマ2代目です。


日中は暑さが残るものの、秋らしくなってきましたね。


皆さん、美味い酒を楽しむシーズンがいよいよ始まりました!


そこで先日、ご紹介させて頂いた旬の酒「ひやおろし」を更に美味しく


飲んでもらえる私なりに考えるコツを文字ばかりではありますがご提案させて頂きます。

他のサイトでも紹介はしていると思うので「なんだ、そんな事知ってるよ」

って思われる方もみえるかもしれませんが、お付き合いして頂ければ幸いです。

また、「ひやおろし」由来など機会があれば改めて書きたいと思います。(^^)

ー ひやおろしを美味しく飲むご提案 ー

「ひやおろし」は半年間蔵内で熟成させた旨味のある熟成酒です。多くの方は

冷酒のまま飲まれると思いますが、温度帯を上げる事でお酒本来の風味が

より一層際立たせる事ができ、冷たい時には感じられなかった香りや味わいの

発見が出来ます。「冷酒、冷(常温)、ぬる燗、上燗(じょうかん)」と4種類の

飲み方にするだけでもまったく違う表情の味わいが感じられますよ。

因みにぬる燗にすれば、まろやかさと風味の膨らみが実感でき、上燗だと

風味が最大限発揮されながらシャープなキレが次の一杯を誘います。

「お燗は面倒臭い!!」という方、まずは開封直後の冷たいままの

「ひやおろし」と室温位になった「ひやおろし」を飲み比べてみては

いかがでしょうか?冷たい時にはあまり感じられなかった「まろやかさ」や「旨味」が

実感できると思います。

おすすめしている「ぬる燗」、「上燗」の温度は「ぬる燗」は約40度、上燗は「45度」

位を指します。

湯銭が最も美味しく召し上がってもらえますが、レンジの場合でしたら約40~60秒

程、加熱して頂ければいいと思います。注意点は、徳利にお酒を目一杯入れない

事と、アルミホイルを徳利の首の下まで被せる事です。(温度のムラが少ない)

それと、最後に完成したお燗酒に5ミリ程(入れ過ぎかな・・・。)水を加えると口当たりが


柔らかくまろやかで冷めても美味しいお燗になりますよ。もちろん入れなくても全く問題


ありません。 まぁ、個人の好みですね。(^_^)


色々と書いてしまいましたが、同じ「ひやおろし」でもただ何気なく冷酒で飲む

だけではなく、ちょっと意識をしてひと手間を加える事で美味しさ、楽しさも

倍増しますよ。美味しい旬のお料理を肴に是非、お試し下さい。(^^)v